バストアップサプリの切実調査、備忘録

貧乳に真剣に悩んでいるためバストアップサプリ、クリームなど色々と試しています。備忘録も兼ねてブログ更新中


バストアップサプリの商品一覧

バストアップサプリを色々と探していたところ、これでもかというくらい様々なバストアップサプリを紹介しているサイトがありました。以下なのですが、

http://www.viewswestseattle.org/

バストアップサプリ一覧

 

すごいです、その数、26個!そんなにあるのか!と私も衝撃でしたが、どれが自分に合うかというのはこれだけあると本当に基準が難しいですね。

人によっても効果が違うようですし、飲みやすさも全然違うみたいなのでこれはみんな選ぶのに困るだろうなぁと思います。

このバストアップサプリの紹介サイトでも言われていることなのですが、やはり選ぶ際の基準は、長年愛され続けているサプリが良いということですね。

それは確かにそうかもしれません、値段もそれなりにしますし、副作用など出たら恐いですからね。もし副作用があるのであればそこまで長い期間も売れないでしょうから。一番業界でも売れているのが、レディーズプエラリアのようですが、これはバストアップサプリのことを調べる以前から私も知っていたので、みなさんも知っているかもしれませんね。

それから、エンジェルアップという商品も有名です。特にレディーズプエラリアのようなタイの政府が公認している商品だったりすると、まあタイの政府が公認することの安全性がどこまであるかは分かりませんが、何もないよりは、一国が公認しているわけなので、何か問題があったら大変なことです!

その点で考えれば、一番安全なのはこちらなのかもしれませんね。実際に私もグラマーやエンジェルアップなどの有名ドコロの他、聞いたこともない、ロイヤルハニーアップなども見てみたのですが、やはりロングヒットになっているバストアップサプリメントの方が魅力的に見えますね。

私は今、エンジェルアップを試しているところですが、自分に合うかをお金は掛かりますが、ちょっとずつ試していくのが大切なことだと思います!

 


 

女性ホルモンとバストアップの関係

バストアップをするには女性ホルモンの分泌が欠かせない要素になります。そこで今日は女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンについて見ていきましょう。

■卵胞ホルモン(エストロゲン)

卵胞ホルモンには以下のような効能が確認されています。
脳を活性化させ記憶力を高める、肌や髪に潤いを与える、骨を丈夫にする、善玉コレステロールをふやす、バストにハリを与える、乳房内にある乳腺という器官を活性化させる
このホルモンは乳房内の乳腺を太くする働きがあるため、豊胸を目指している人には大変重要なホルモンです。ブラックコホシュやプエラリアといった成分がこのエストロゲンの働きを補助してくれます。生理や排卵に密接な関わりがあり、女性の生涯でスプーン一杯分くらいしか作られないのが特徴です。

■黄体ホルモン(プロゲステロン)

卵胞ホルモンをサポートする成分がプエラリアやブラックコホシュなのに対し、黄体ホルモンをサポートする成分はチェストベリーやワイルドヤムが挙げられます。このホルモンは子宮と密接な関係があり、排卵後~生理の間に多量に分泌されます。個人差はありますが、だいたい排卵後から約2週間増量します。子宮に深く関わっており、体を妊娠の準備用に変化させます。卵胞ホルモンの過剰投与は乳がんの危険性が報告されておりますが、黄体ホルモンは反対に乳がんを抑制する作用があると言われています。ただし、乳がんを抑制するといっても過剰投与はやめましょう。自然に分泌されていれば特に問題はありません。

バストアップサプリで育乳生活
女性ホルモンと豊胸サプリメントの関係等についてとても詳しく載っています。

ブログ始めます!

写真とカメラが趣味でよく、海外で写真撮ったり、動画取ったりするのですが、やっぱり海に行くとちょっとバストが気になる今日このごろ、そこでバストアップに毎日励んでいるのですが、今日からブログで情報更新していこうかなぁって思ってます!お金がそんなにあるわけではないので、高い治療費なんてとても払えない!いうことで、バストアップサプリとマッサージ、クリームを中心に育乳をしているのですが、少しだけ効果が出てきたかなぁと思ってます、そんな話について書いていくので興味があれば見てくださいね!